立春・新しいステージ

2月4日、立春。

2017年の運気へと本格的に切り替わります

♦立春とは..

二十四節季で「春の始まりの日(期間)」とされるのが立春、

「節」の最初の日で、一年の始まりの日です。

まだまだ寒い時期ですが寒さも極まり、徐々に春の気配が出てくる時期。

子供の頃は「こんな寒いのに春って思ってましたが

冬から春に向けて動き出す時期

禅寺では、一年間の息災を願い、立春の早朝「立春大吉」と

書いた紙を門に貼る習慣があるそうです。

太陽の動きから、まず「立春」が決まり

その前日が「節分」節分になります。

立春が起点となっていることが多いですね。

立春の前日(今年は2月3日)にあたります。節分

文字通り「節を分ける」のが、節分。豆まき

翌日の立春が、春の始まり=新年のスタートなので

節分は大晦日。豆まき

立春よりも、節分の方が親しみがある気がするのは

やはり「豆まき」大豆や「恵方巻き」恵方巻き

季節の変わり目は、邪気が入りやすいと考えられ

また、翌日の立春=一年の始まりに備え

豆まきで大豆厄払いして 新年を迎えるイメージですね。

2月3日の節分を「大晦日12/31」をとらえて、やり残して気になっていることを片付けたり  翌日の4日を「元旦」ととらえて、新年の抱負や目標を考たり…

季節は流れています。

運気も流れています。

季節の流れに沿って、自分の行動や在り方を考えてみることで運気が乗りやすくなります。

今から 京都へ 節分祭に向かいます。

すべてに感謝

スピリチュアルで幸せ